永久脱毛状態にするには、毛周期を踏まえた脱毛をおこなう必要があります。現在、永久脱毛にするために用いられるのは、主に医療レーザーとなっています。それ以前に主流であった電気針脱毛に比べて、施術が短時間で済み、費用も割安なので利用者にとって歓迎すべき方法と言えます。

ただ、黒い色に反応して熱を生む光を利用した方法であるため、毛周期に合わせた施術をすることが大事になります。 体毛には毛周期というものがあり、成長期、退行期、休止期を繰り返しながら生え代わっています。

周期には個人差も部位による差もあり、だいたい2か月から5か月くらいであるとされています。体表に出ている毛は、毛穴の15%ほどであると言われます。レーザー照射をして毛根を処理できるのは、成長期の毛だけです。

体表に出ている毛は、成長期と退行期の毛ですが、退行期の毛は毛根から離れてしまっているため、レーザーを浴びて発熱はするものの、毛根へ熱を伝えることができません。1度のレーザー照射で処理できる毛根は、ごくわずかな比率ということになります。

毛はばらばらに生え代わっていますので、ひと月からふた月おきにレーザー照射をする必要があります。そうやって少しづつ毛穴を処理して行き、すべての毛穴を処理できれば、永久脱毛状態となることが多いです。必要となるレーザー照射の回数は、個人差がありますが、5回から12回ということが多いようです。

期間は2年ほどかかります。