永久脱毛の方法として現在主流となっているのは、医療レーザー脱毛です。それ以前おこなわれていた電気針脱毛に比べて、費用は格段に安くなっています。

電気針脱毛は、各毛穴一つ一つに電気針を刺し入れ、電流を流すという方法であったため、たいへん手間暇がかかり、費用も高額でした。しかし、現在ではレーザー照射をすることで、一定面積の毛穴を一度に処理できるため、それほど人件費がかからなくなっています。短時間で施術でき、利用者数も増えて、永久脱毛をおこなう医療機関も次々と現れ、競争が生まれています。

競争が生まれると、価格は低下し、やがて適正価格に落ち着くものです。現在は、都市部で競争が激化していて、ワキだけであれば、5回の照射コースで5千円以下というところまで出てきています。

ワキは面積が狭いため、レーザー照射時間もわずかで済みますから、たいていのところでは最も安い部位となっています。全身脱毛や手足となると、面積が広いため、満足が得られるような状態になるまで、数万円から数十万円ほどかかります。それでも、レーザーが登場したときに比べたら、かなり安くはなっています。

 レーザーの方法が日本に普及してから、まだ十数年ですので、今後ますます費用が下がっていく可能性もあります。レーザー装置の性能も年々良くなっていて、技術も日進月歩で進んでいます。

ごく短時間の照射で済むようにもなってきていますので、利用者にとっては好ましいことです。