脱毛する日やその前日にはアルコールを摂取するのは我慢してください。アルコールを摂取すると血のめぐりが良くなりますがその影響で脱毛の痛みが感じられたり炎症になる可能性があるからです。ですので痛みやトラブルを避けたいなら脱毛の時だけは避けたほうがいいでしょう。

どうしても飲みたい場合はアルコールの入っていないものを飲むようにしてください。そしてアルコールが解禁になる時間ですが施術を受けてから12時間以上経過してからでしたら飲んでもいいでしょう。

朝一番に脱毛をした場合でも解禁になるのはかなり夜遅くになると思うのでその日一日は飲めないものと思ってください。年末年始になると宴会のシーズンになりますがこの時期はできるだけ脱毛の予定を入れないようにしましょう。少しくらいならいいのではと思われるかもしれません、アルコールを飲んでいてもエステティシャンにばれなければ大丈夫と思われるかもしれませんが、もしも飲酒が原因でトラブルが起こってしまったとしてもルールを破ったということで自己責任になります。

たった一日くらいのことですので飲めなくても何も問題はありません。つい誤って飲んでしまった場合はどすすればいいのでしょうか。

すぐにキャンセルしてください、当日キャンセルをしますとキャンセル料を取られる場合もありますが前日ならキャンセル料が少なかったりいらない場合もあります。トラブルが絶対に起こるというわけではありませんが少しでもリスクは避けたほうがいでしょう。